文字の
大きさ
  • 標準
  • 特大

  • 文字の
    大きさ
    • 標準
    • 特大
海の道むなかた館
西谷正館長講座
第4回/楽浪遺物のある風景
開催日令和元年7月14日(日)
海の道むなかた館で開講しております、西谷正(ただし)館長による館長講座の様子を動画でお届けいたします。
令和元年度は、『アーカイブス 古代史の謎』について分かりやすく説明します。
2019年度開催/日程・内容
回数 月日 内容
第1回4月14日(日)弥生時代がさかのぼる-ハイテク年代測定の波紋-(終了)
第2回5月5日(日)日本文化の原点をさぐる-東夷伝のみち・韓国古代史紀行-(終了)
第3回6月8日(土)弥生時代の西と東-伊都国の遺跡と大塚・歳勝土遺跡-(終了)
第4回7月14日(日)楽浪遺物のある風景(終了)
第5回8月11日(日)ふくおか学入門-海人族と奴国王・金印の謎-(終了)
第6回9月8日(日)(1)邪馬台国への道-見えてきた倭人伝の世界-
(2)古代の“謎”邪馬台国への道
(終了)
第7回10月13日(日)(1)玄界灘・海と人の物語
(2)今、時空を超えて甦る弥生の王都-壱岐・原の辻遺跡-
(終了)
第8回11月10日(日)ガラスの来た道(終了)
特別講座12月1日(日)北朝鮮の遺跡を訪ねて-2019(終了)
第9回12月8日(日)(1)追跡・巨大古墳の謎-唐津市・久里双水古墳-
(2)不思議なオブジェ! 前方後円墳(終了)
第10回1月12日(日)楽浪・帯方郡の遺跡と高句麗壁画古墳
第11回2月9日(日)装飾古墳 永遠の彩り-古代九州 壁画が語る祖先の思い-
第12回3月8日(日)鴻臚館-姿見せた古代の外交拠点-
*インターネットでの視聴は館長講座開催日の翌週金曜日12:00からできます。
例)4月14日(日)の場合・・・4月26日(金)12:00からインターネット視聴可
ただし、編集作業が早く終わった場合は、これより前に公開する事がございます。

*海の道むなかた館で開催している今年度の館長講座の受講申込みは既に終了しています。
ページトップへ