文字の
大きさ
  • 標準
  • 特大

  • 文字の
    大きさ
    • 標準
    • 特大

自然

自然と文化が織りなすこの宗像を紐解きます

むなかたの魅力ある自然

宗像の川

釣川とは

 釣川は宮若市との境、宗像市吉留の山林中にその源を発し、朝町川・八並川・山田川などの支流と合流しながら市内を東西に流れ、しだいに北へと流れを変えて樽見川と合流、江口において玄界灘へとそそぐ延長が約16km、流域面積が約99km²の二級河川です。

 宗像地方にヒトが住み始めたのは今から約3万年~約1万年前の後期旧石器時代と呼ばれる時代で、その後の縄文時代(約1万年前~約2,300年前まで)の遺跡がいくつか発見されています。縄文時代には釣川にそって海が内陸まで入り込み、その周辺をうっそうとしたカシやシイなどの森林がおおっていたと考えられています。

 弥生時代(約2,300年前~約1,700年前まで)になると内陸深く入り込んでいた海は退き、釣川沿いには肥沃な平野が広がり、稲が作られ、たくさんの人が定住するようになり、ムラをつくるようになりました。以来、古墳時代(3世紀末~7世紀半ばまで)から、つい数十年前まで、釣川は重要な農業用水源として大切に守られ、また治水・利水のために、さまざまな河川改修の工事も行われてきました。

釣川をとりまく環境

 宗像市のほぼ中央に広がる釣川水系は、この地域を取り囲む200~500mの分水嶺(ぶんすいれい※1)によって隣接する他の地域の水系から区分され独立した水系をなしています。

番号
名前 (よみ)
1 あみだ川(あみだがわ)
2 新川(しんかわ)
3 牟田川(むたがわ)
4 田野川(たのかわ)
5 諸見川(もろみがわ)
6 前川(まえかわ)
7 樽見川(たるみがわ)
8 梛野川(なぎのがわ)
9 阿久住川(あくずみがわ)
10 吉田川(よしだがわ)
番号
名前 (よみ)
11 横山川(よこやまがわ)
12 四十里川(しじゅうりがわ)
13 大井川(おおいがわ)
14 用山川(もちやまがわ)
15 八並川(やつなみかわ)
16 山田川(やまだかわ)
17 朝町川(あさまちがわ)
18 松本川(まつもとがわ)
19 釈迦院川(しゃかいんがわ)
20 高瀬川(たかせがわ)
番号
名前 (よみ)
21 古森川(こもりかわ)
22 子下し川(こくだしがわ)
23 綿打川(わたうちがわ)
24 中山川(なかやまがわ)
25 荒堀川(あらほりがわ)
26 名残川(なごりがわ)
27 久戸川(ひさとがわ)
28 宮川(みやかわ)
29 猿田川(さるたがわ)
30 平山川(ひらやまがわ)

 宗像市吉留の山地を源流とする本流は、約16kmの流程を下り、玄界灘に流れ込みます。本流の両側の山地に源して、途中で合流する支流やそれらの2次支流は朝町川、高瀬川、八並川、山田川、横山川、樽見川等たくさんありますが、いずれも延長距離が本流の半分を超えません。流域面積も99k㎡程度で水系全体の規模は大きくありません。

※1分水界になっている山脈。雨水を異なった水系に分かつ山の峰々。分水山脈。

低地の多い釣川流域

 釣川は、河川の長さに比べると流域面積が大きく、下流部では丘陵が張り出していて、宗像大社付近などに狭窄部(きょうさくぶ※1)を形作っています。

 釣川の勾配は上流部を除くときわめて緩く、下流の東郷付近で数本の支流がまとまって本流と合流しています。このため釣川は、集中的な豪雨があれば、水が狭窄部や合流部付近にたまりやすく、広く氾濫しやすくなっています。釣川平野の低地部は、自然堤防状の微起伏が見られず、きわめて低く平らな状態です。これは、氾濫すると一面に水が溢れ、冠水と土砂堆積を繰り返してきたためといわれています。

 昭和28年6月28日の集中豪雨では釣川沿岸でも氾濫し、鹿児島本線も不通になりました。

※1 狭くすぼまっていること。

ページトップへ