文字の
大きさ
  • 標準
  • 特大

  • 文字の
    大きさ
    • 標準
    • 特大

むなかたが集まる
電子データベース

1994年(平成6年)宗像市文化財調査報告書第39集/『冨地原川原田I』

冨地原川原田遺跡(ふじわらかわはらだいせき)は、1992年に県営ほ場整備に伴い発掘調査が行われ、縄文時代後期から中世にかけての集落・墳墓・災害遺跡が確認されました。中心は弥生時代中期から古墳時代後期にかけての住居跡で43棟に及びます。また、これら遺構群を切り裂くように地割れ状遺構が見つかっており、底付近から嘉祐通宝(初鋳1056年)が発見され、この頃の地震など自然災害に伴う地割れと考えています。

『冨地原川原田I』宗像市文化財調査報告書第39集(4 MB)
ページトップへ