文字の
大きさ
  • 標準
  • 特大

  • 文字の
    大きさ
    • 標準
    • 特大

むなかたが集まる
電子データベース

1988年(昭和63年)宗像市文化財調査報告書第15集/『武丸皆真庵』

武丸皆真庵遺跡(たけまるかいしんあんいせき)は、土砂採取工事に伴い5基の円墳をはじめ、14~15世紀頃の中世墓や17~18世紀頃の近世木棺墓の調査が行われました。武丸地区初の古墳調査でした。このほか弥生時代の遺物包含層も見つかっており、人々に長らく利用されていたようです。

『武丸皆真庵』宗像市文化財調査報告書第15集(2 MB)
ページトップへ