文字の
大きさ
  • 標準
  • 特大

  • 文字の
    大きさ
    • 標準
    • 特大

むなかたが集まる
電子データベース

1988年(昭和63年)宗像市文化財調査報告書第17集/『武丸原』

武丸原遺跡(たけまるはるいせき)は、中世(16世紀前半)の火葬にかかわる遺跡です。出土した土師器(はじき)の坏(つき)には、中世に宗像大宮司家が仕えていた大内氏の館跡(山口県山口市)から出土するものとよく似ているものがあります。大内氏とこの遺跡に何らかのつながりが想定できます。

『武丸原』宗像市文化財調査報告書第17集(944 KB)
ページトップへ