文字の
大きさ
  • 標準
  • 特大

  • 文字の
    大きさ
    • 標準
    • 特大

むなかたが集まる
電子データベース

1988年(昭和63年)宗像市文化財調査報告書第18集/『名残Ⅰ』

名残遺跡群は名残・冨地原・徳重の3地区にまたがって20万㎡以上に分布する遺跡群の総称です。ここでは昭和60年度に実施した3つの遺跡についての報告です。名残長浦遺跡(なごりながうらいせき)は、5~6世紀頃の4基の古墳、名残藤河内遺跡(なごりふじかわちいせき)は墳丘を失った5~6世紀頃の5基の古墳、冨地原大原遺跡(ふじわらおおはらいせき)は5~7世紀頃の17基の古墳と石棺墓・土壙墓(どこうぼ)群が営まれていました。この地域の墳墓の移り変わりを知る貴重な資料です。

『名残Ⅰ』宗像市文化財調査報告書第18集(4 MB)
ページトップへ